西宮 | HOLISTIC SPACE Shin-Rai リフレクソロジー

MP900448267.JPG


リフレクソロジーとは

 リフレクソロジーとは、足裏などにある身体全体の臓器や器官の“反射ゾーン”(反射区)を指で刺激することにより、血液やリンパ液の流れを改善し、人間が本来持っている自然治癒力を高めてゆく健康法です。

 リンパ液の流れが悪くなると身体がむくみやすくなりますし、老廃物が流れずに滞ることで太りやすくなったり、免疫力が低下したりと身体に悪影響が及びます。血液は心臓というポンプによって40秒程で全身を巡りますが、リンパ液は血液と異なりポンプ機能がありませんので身体をめぐる速度が遅く、全身を巡るのに12~24時間かかるといわれています。リンパ液は筋運動などで流れますので、生活の中で運動できない環境(座り仕事、立ち仕事)にありますと流れが滞りますし、年齢と共に筋力が低下することでリンパの流れにも影響します。特に下半身は滞りやすいので、適度な運動や刺激などでリンパ液の流れを促す必要があります。

反射ゾーン(反射区)

 反射ゾーン(反射区)とは、身体の臓器・器官とつながっている神経の末端、末梢神経の集中している場所のことをいいます。対応している反射ゾーンをソフトに刺激してゆくことで、対応する臓器・器官の不調を改善する方法がリフレクソロジーなのです。

 末梢神経の集中している場所は足裏ばかりではなく、手のひらにも反射ゾーンは存在します。そして、反射ゾーン(反射区)に対応している症状があります。症状に対応している反射ゾーンに刺激を与えて揉み解すことにより、現出している症状を緩和方向へ向かわせることがリフレクソロジーの目的です。


症状反射区
むくみ 腎臓・尿管・膀胱
頭痛 頭部・首・目
肩こり 頭部・首・肩
眼球疲労 頭部・首・目・肝臓
腰痛 腰・脊髄・肩
胃痛 胃・十二指腸
風邪 副鼻腔・胸腺・リンパ・肺
花粉症 頭部・喉・目・肺
アトピー性皮膚炎 肝臓・腎臓・大腸・小腸
貧血 脾臓・大腸・小腸
生理痛 脳下垂体・卵巣・子宮
便秘・下痢 頭部・大腸・小腸・腰
ダイエット 甲状腺・胆嚢・大腸・小腸
美肌 甲状腺・肝臓・大腸・小腸
不眠・自律神経失調症 頭部・脳下垂体・横隔膜
ストレス・うつ病 副腎・胃・大腸・小腸


リフレクソロジーの施術

 リフレクソロジーの施術は足裏、手のひらなどの反射ゾーンに刺激を与えたり、ふくらはぎ・上腕の皮膚に刺激を与えることでリンパ液の流れを促します。リンパ液は軽いタッチの刺激で充分に流れが改善されますので、流れを促進させるためだけならば強い刺激を与える必要がありません。痛いのではないか・・・と思われている方もいらっしゃると思いますが、なるべくやさしいタッチでの刺激ですのでご安心ください。


 しかしながら、ソフトタッチでの施術においてもやはり痛いと感じられる方がいらっしゃいますし、長年のリンパ液の流れの悪化により老廃物が溜まり固まっている状態を改善するためには、固まってしまっている老廃物を揉み解して流してゆく必要がありますので、どうしても痛みは伴います。

 通常のリフレクソロジー施術の刺激の強さを痛いと感じられるということは、足裏の反射ゾーンの臓器が弱っている、疲れているということですので、生活習慣自体を見直し、改善してゆくことが必要となってきます。該当する臓器への負担を軽減、痛いと感じられる反射ゾーンの臓器をお伝えし、生活習慣の中で改善できることを実施していただけるようにアドバイスさせていただいております。